2015年04月02日

稀人舎通信改2号は少女漫画特集

東京での次回文学フリマは、5月4日。
それに合わせて発行する
稀人舎通信改2号の特集は、「少女漫画」です。

最近、懐かし少女漫画特集の本が
多数書店に並ぶようになり、関心のある方が多いんだな、と感じます。
昔の少女はもちろん、若い世代の漫画読みも、
母親の本棚にあった等で、古い作品をよく読んでいますよね。

先月は、
昭和の漫画読みの懐かし話と、
少女漫画でフェミニズムを語る、の2本の座談会がありました。
現在は、校正中。
手前味噌ですが、おもしろい!です。
懐かし話の方は、同世代で話すと、あーだったこーだったと
芋づる式に、いろんな話が出てきて、時間がたりなかったくらい。
あー、河あきらの読み切りとか、また読みたいです。
フェミ話は、ベルばらなどの漫画をたたき台にしながら、
この30年ぐらいの女をとりまく環境あれこれ…を、
爆笑しながら本音で語り合いました。
時代は大きく変わったー。
でも、一方で、変わってないこと、もあるんですよね。

各自の、少女漫画10選のページもあり、
とりあえず何を読もうか、ってときの参考にきっとなる。
これは、座談会以外のメンバーも参加していて、出そろうのが楽しみ♪

少女漫画好きな方は、ぜひ、文フリの稀人舎ブースにおいでください。

その際に、私個人で作る、米料理のレシピ+エッセイ本も販売します。
(デザイン等は、稀人舎におまかせしています)
米って深い。お米の炊き方ひとつとっても、人によって流儀はさまざま。
米料理をテーマに選んだのは、天栄村のお米があまりに美味しかったから♪
天栄村のことを、多くの人に知ってもらいたい、という気持ちもあります。

あと、1か月!
がんばらねば! 


posted by kei at 01:47| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
検索